シリコンシャンプー

シャンプーの成分の中でも多くの人に気にされているのが、シリコンと呼ばれる成分です。シリコンも頭皮には悪影響を与える成分として知られていますが、
シャンプーの成分としてシリコンと書かれているわけではないため、シャンプー購入の際に気が付かずに購入してしまうという方も少なくありません。シリコン系成分は、このように表記されて含まれていることが多いので、参考にしてみてください。

主に有名なシャンプーに利用されているシリコン系成分は、ジメチコン、アモジメチコン、アミノプロピルジメチコンなどの、ジメチコン系成分です。低価格で知名度も高い、人気のシャンプーに意外と多くに含まれている成分の為、シリコンを利用したくないという方は、こうした成分が含まれていないかどうかをチェックしてみてください。
また、シロキサンと表記されているシリコン系成分も多く、シロキ、シラン、シリカなど、表記名が短くされて成分の一種として含有されていることも多くありますので、注意が必要です。

シリコン系シャンプーは、簡単に髪触りを良くすることが出来る上に、コスト面も抑えて作成することが出来るとして知られていますが、その分頭皮に悪影響を与えることが多いので、利用の際には十分注意しましょう。

アミノ酸系界面活性剤

同じ界面活性剤が含まれているシャンプーでも、中には、頭皮に優しくマイルドに洗うことが出来るシャンプーもあるということも忘れてはいけません。その中でも特におすすめの成分と言えるのが、アミノ酸系界面活性剤です。

アミノ酸系界面活性剤は、ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなど、ココイルが付く、アミノ酸を原料として作られた成分で作られています。髪の毛の多くはアミノ酸で作られているため、こうしたアミノ酸系界面活性剤を利用することで、頭皮に優しく、丁寧に汚れを落とすことが出来るシャンプーが出来上がるのです。

ココイル系の成分は前ページの硫酸系成分とは異なり、ヤシ油などの天然の脂肪酸を用いて作られている成分ですので、同じ界面活性剤といえども、その仕上がりは大きく異なります。使うたびに頭皮を優しく洗浄し、触り心地もサラサラな髪の毛に仕上げていくことが大きな特徴だと言えるでしょう。

このように、同じ界面活性剤系シャンプーでも、成分によっては頭皮や地肌、髪の毛に優しい成分もありますので、界面活性剤=悪の成分ではないということを良く頭に入れておき、必要に応じてシャンプー選びの際の参考にするようにしてみることをおすすめします。

界面活性剤に注意

シャンプーを成分で選ぶ際に最も気を付けなければいけない成分として知られているのが、“界面活性剤”と呼ばれる成分です。
この界面活性剤は、洗浄力が強く、コスパが良くお手軽にシャンプーとしての洗浄力を加えることが出来る成分として多くのシャンプーに使われていますが、この界面活性剤の多くは、洗浄力が高すぎるため、利用し続けることで肌荒れや頭皮トラブル、かゆみやふけなどを引き起こしてしまう原因となる可能性が高いと言われています。

特に注意しなければいけないのが、ラウリル硫酸や、ラウレス硫酸系の界面活性剤です。これらの硫酸系活性剤は、利用し続けることで、頭皮に徐々にダメージを蓄積させていき、皮膚トラブルを引き起こしてしまう原因と繋がる可能性が高いと言えるでしょう。
最低限、この二種類の界面活性剤が利用されているシャンプーは購入をしないことをおすすめします。

こうした界面活性剤は、頭皮にダメージを蓄積させ、元々頭皮トラブルが発生している頭をより酷くさせてしまったり、健康的な頭皮に大きなダメージを残してしまう可能性があると言えますので、頭皮をいたわりたいという場合は、絶対に利用してしまわないように心がけましょう。

シャンプーの成分

値段が安くて大量に入っているシャンプーを優先して利用するという方も多いかと思いますが、シャンプーを選ぶ際にそういった選び方をすると、実は危険である可能性があるということをご存知でしょうか?シャンプーを選ぶ際には、成分もしっかりとみて判断をすることが大切です。

シャンプーは商品によって、利用されている成分が全く異なりますが、パッと見成分の名前を見ても、違いが良く分からないと感じるかもしれません。ですが、そのよくわからない成分の中には、表示指定成分と呼ばれる、旧厚生省が決めた、アレルギーや肌トラブルが起きる可能性がある成分の表示が定められている成分も含まれています。
こうした成分に敏感な体質の場合、シャンプーを使い続けるたびにアレルギー反応を起こし、頭皮湿疹などの肌トラブルを常に引き起こしてしまう可能性もあると言えるでしょう。

また、表示指定成分以外にも、頭皮のためには出来るだけ避けた方が良いとされているシャンプーの成分は多く、使い続けることで、ヘアカラーの落ちが早くなったり、髪の毛が痛みやすくなったり、パーマが落ちるのが早くなるなどのデメリットが起きてしまう可能性があるのです。
シャンプーの値段をちょっとケチっただけで、結果として、美容室代金などが高くつくようになってしまったら、それこそもったいないですよね。

本当の意味で節約をするためにも、シャンプー選びの際には、しっかりと成分も把握して購入する必要があると言えるでしょう。