アミノ酸系界面活性剤

同じ界面活性剤が含まれているシャンプーでも、中には、頭皮に優しくマイルドに洗うことが出来るシャンプーもあるということも忘れてはいけません。その中でも特におすすめの成分と言えるのが、アミノ酸系界面活性剤です。

アミノ酸系界面活性剤は、ココイルグルタミン酸、ココイルアラニンなど、ココイルが付く、アミノ酸を原料として作られた成分で作られています。髪の毛の多くはアミノ酸で作られているため、こうしたアミノ酸系界面活性剤を利用することで、頭皮に優しく、丁寧に汚れを落とすことが出来るシャンプーが出来上がるのです。

ココイル系の成分は前ページの硫酸系成分とは異なり、ヤシ油などの天然の脂肪酸を用いて作られている成分ですので、同じ界面活性剤といえども、その仕上がりは大きく異なります。使うたびに頭皮を優しく洗浄し、触り心地もサラサラな髪の毛に仕上げていくことが大きな特徴だと言えるでしょう。

このように、同じ界面活性剤系シャンプーでも、成分によっては頭皮や地肌、髪の毛に優しい成分もありますので、界面活性剤=悪の成分ではないということを良く頭に入れておき、必要に応じてシャンプー選びの際の参考にするようにしてみることをおすすめします。