界面活性剤に注意

シャンプーを成分で選ぶ際に最も気を付けなければいけない成分として知られているのが、“界面活性剤”と呼ばれる成分です。
この界面活性剤は、洗浄力が強く、コスパが良くお手軽にシャンプーとしての洗浄力を加えることが出来る成分として多くのシャンプーに使われていますが、この界面活性剤の多くは、洗浄力が高すぎるため、利用し続けることで肌荒れや頭皮トラブル、かゆみやふけなどを引き起こしてしまう原因となる可能性が高いと言われています。

特に注意しなければいけないのが、ラウリル硫酸や、ラウレス硫酸系の界面活性剤です。これらの硫酸系活性剤は、利用し続けることで、頭皮に徐々にダメージを蓄積させていき、皮膚トラブルを引き起こしてしまう原因と繋がる可能性が高いと言えるでしょう。
最低限、この二種類の界面活性剤が利用されているシャンプーは購入をしないことをおすすめします。

こうした界面活性剤は、頭皮にダメージを蓄積させ、元々頭皮トラブルが発生している頭をより酷くさせてしまったり、健康的な頭皮に大きなダメージを残してしまう可能性があると言えますので、頭皮をいたわりたいという場合は、絶対に利用してしまわないように心がけましょう。